美容室のお金の問題

これから美容室を経営するオーナーへ 銀行が無理でも公的機関の融資、助成金・補助金があります

更新日:

美容室開業を計画中の
オーナー予備軍の中には、
銀行に融資を依頼して断られてしまった
という人も少なくないと思います。

そのような場合に資金の調達先がなくなり
諦めてしまうという人も多いのですが、
銀行以外にも開業資金を調達する方法があります。

その一つとして注目されているのが
国や自治体が行う融資、助成金•補助金制度です。
以下詳しく見ていきましょう。

これから美容室を経営するオーナーへ 銀行が無理でも公的機関の融資、助成金・補助金があります

銀行からお金を借りるのはハードルが高い

銀行は融資を行う際に
その回収と利益を十分に得られるかどうかが
融資を判断するポイントとなっているため、
要件を満たしていないと
簡単に融資をする事は少ないのです。

事業計画においては
通常営業利益のほか
安定した経営を行うための施策や、
経営が予定通りにいかない場合の
回避策なども提示することが必要となり、
十分な調査とこれに裏付けられた
綿密な計画を立てることが重要となります。

さらに銀行が注目するのは
経営者の実績です。
美容室の場合にはオーナーが過去に
どのくらいの実績を上げ、
この案件で確実に獲得できる顧客が
どのぐらいいるかによって評価されます。

しかし初めて開業する場合などは
その実績が充分に裏付けられないことも多いため、
銀行からお金を借りることは
ハードルが高いということを
覚悟しなければなりません。

これから美容室を経営するオーナーへ 銀行が無理でも公的機関の融資、助成金・補助金があります

公的機関の融資や補助が受けられる

このような場合に考慮したいのが
公的機関を利用する方法です。
美容室などの中小企業に対しては
特に地域の活性化や
経済的な価値が高いと認められる場合には
様々な公的機関がその資金を
融資や補助してくれる制度が設けられています。

そのため銀行からお金を借りる場合に比べ
事業性や利益性に関する審査は
そのハードルが低いことも多く、
それよりも地域貢献や経済的な意義について
評価される可能性が高いため、
その条件が合致すれば
融資を受けられる可能性が高くなります。

例えば地域活性化などを切り口として

例えば商店街などで
集客力が低下し多くの店が
経営不振に陥っている状態においては、
地方自治体や国などが資金を投入して
その商店街の活性化に努めている
ことも少なくありません。
美容室は地域密着型のビジネスですから、
目的に合致する事例も多いと思います。

実際に国の施策でも
地域活性化は重要な課題となっており、
公募制ではありますが
商店街や地域に対して
活性化のための補助金を
支援しているという実例もあり、
これらの制度を
効果的に利用することで
新たに開業を行うための
資金を調達できる可能性もあるのです。
無料で使える「弥生のクラウド確定申告ソフト」
これから美容室を経営するオーナーへ 銀行が無理でも公的機関の融資、助成金・補助金があります

「融資」と「補助金•助成金」の違いは?

公的機関からの融資といっても
その種類は多く、自分がやりたい事業に合った制度を選ぶのが肝心です。

当たり前ですが「融資」は返済義務が生じます。
補助金や助成金はもらえるお金なので、
原則返済義務の無い資金です。
また、補助金と助成金の違いです。
「助成金」は要件を満たしていれば、
原則的にはだれでも受け取れます。
「補助金」は申請をしても
審査に通過しなければ受け取れません。

「融資」は返済義務が生じるが借りられる金額が大きい

まずは「融資」です。
融資は種類にもよりますが、
補助金•助成金よりも借りられる金額が大きい
というのも特徴です。
いくら返済義務が無いとはいえ
数十万円の助成金では話にならないという方は
まずは、融資を検討してみましょう。

「日本政策金融公庫のホームページ」
多種多様な公的融資の案件を見ることができます。

日本政策金融公庫
小規模企業向けの小口資金や新規開業資金、教育ローンなど

「新事業育成資金」
高い成長性が見込まれる新たな事業を行う方向け

「女性、若者/シニア起業家支援資金」
女性や若者、55歳以上のシニアの起業家を
支援する資金というものあります

「再挑戦支援資金(再チャレンジ支援融資)」
以前事業に失敗してしまったけれど、
もう一度やり直したいという方のための制度
なんていうのもあるんですね。

「商工組合中央公庫」沖縄振興開発金融公庫なども
融資制度を設けています。

また都道府県や市区町村などでも、
さまざまな融資制度が設けられています。
国の制度はハードルが高いと感じた方は
お住まいの地域の融資制度をチェックしてみましょう。

中小・小規模事業者向けIT導入補助金

詳しくは「美容室オーナーに読んでほしい 最大50万円!中小・小規模事業者向けIT導入補助金のすすめ2018」のページをご覧ください

「補助金•助成金」は原則返済義務の無い資金

補助金•助成金は中小企業支援対策のひとつで
厚生労働省や経済産業省などの官庁、
都道府県や市区町村などの地方自治体など様々な制度があります。

「補助金等公募案内/中小企業庁」
助成金のことだけでなく経営、金融、財務などの情報も得る事が出来ます

支援情報ヘッドライン
こちらのサイトからは
地域、目的、制度(融資、助成・補助、出資、支援)等の条件を入力して
中小企業向けの支援施策情報を検索できるので、大変便利です。

ミラサポ
お堅い感じではなく、親しみやすくわかりやすいサイトです。
創業や経営支援の情報も豊富です。

厚生労働省「事業主の方のための雇用関係助成金」
こちらは主雇用に対する助成ですが、
起業の際に使える助成金もあります。

美容室への公的機関の融資、助成金・補助金についてもっと詳しく

もっと詳しく知りたい方はこちらのページをご覧ください
「美容室オーナーに読んでほしい 知らないと損する美容室が使える助成金2018」

これから美容室を経営するオーナーへ 銀行が無理でも公的機関の融資、助成金・補助金があります

融資打切り、資金引上げなどのリスクなし安心活用

銀行からお金を借りる際には
期限を区切った上で
高い利益を上げることが求められ、
これが芳しくない場合には
融資を打ち切られたり、
資金を引き上げられてしまうなどの
リスクが生じます。

しかし公的機関を利用した場合には
基本的には当初の予定に従い
きちんと返済をしていれば問題ありません。
また補助金制度の場合には
返済の義務がないため
重圧を感じずに利用することができます。

定期的に経営状況報告したり、
その目的によっては
地域の活性化に貢献した度合いを
評価されるなど様々な条件がつくことがありますが
経済的には非常に有利な制度と
なっている点が特徴です。

これから美容室を経営するオーナーへ 銀行が無理でも公的機関の融資、助成金・補助金があります

まとめ〜これから美容室を経営するオーナーへ 銀行が無理でも公的機関の融資、助成金・補助金があります〜

お金を借りるとなるとまずは銀行という頭がありますが、
よく探してみると国や地方自治体からの融資、助成金・補助金も
数多くあります。
自分に合う案件を探して、当てはまりそうな資金があったら
まずは問合せだけでもしてみましょう。

-美容室のお金の問題
-, , , , ,

Copyright© 美容室経営が上手くいく書籍 , 2019 All Rights Reserved.