美容室のお金の問題

美容室オーナーに読んでほしい 最大50万円!中小・小規模事業者向けIT導入補助金のすすめ2018

更新日:

中小・小規模事業者向けIT導入補助金は、
中小企業がITを利用して業務効率化や顧客満足度向上など
業務効率を高めるために設けられた補助金制度です。

現代のサービス業においては
顧客に対する高いサービスが求められます。
ITを導入することにより
高い営業効果を上げられることは理解しているけれど
現実問題として、その導入費用を捻出できなかったり、
導入の方法について様々な障壁を抱えている
中小企業のオーナーは多いのではないでしょうか。

美容室オーナーに読んでほしい 最大50万円!中小・小規模事業者向けIT導入補助金のすすめ

美容室オーナーにとって利用価値の高い補助金

中小・小規模事業者向けIT導入補助金は
これらの中小企業のオーナーに対して
IT設備やサービスなどを導入するための資金の一部を補助し、
効果的に活用を行うための支援を行う制度です。

今回の補助金制度については特に、
美容室オーナーにとって
利用価値の高い補助金といえます。
この制度を利用すれば、
実質的な経費の負担を低く抑えながら、
ITツールによって
業務の効率化や単価アップなど
美容室の生産性を向上させることができます。

美容室オーナーに読んでほしい 最大50万円!中小・小規模事業者向けIT導入補助金のすすめ

最大50万円の補助金がもらえます

「平成29年度補正サービス等生産性向上IT導入支援事業費補助金」とは
中小企業・小規模事業者が生産性向上のために
ITツールを導入(ソフトウェアサービスなど)する場合、
経費の最大1/2まで、15万円~50万円の範囲で
政府から補助を受けられる制度です。
最高50万円まで補助してくれるのですから、
使わない手はありません。
以下、具体的な内容を解説します。

詳しくはこちらのIT導入補助金ホームページをご参照ください。

補助の対象者

交付規程には
「足腰の強い経済を構築するため生産性の向上に資するITツールを導入する中小企 業・小規模事業者等であること。」とあります。
また、「中小企業・小規模事業者等」とはどのような事業者を指すのかは、資本金や従業員数などで業種ごとに細かく定められています。
例えばサービス業をみてみると、
資本金5,000万円以下、
従業員数100人以下となっていますので、
ほとんどの美容室は該当すると思われます。
詳しくは資料を参照してください。

補助対象の経費

補助対象の経費となるのはホームページはもちろんのこと、
ソフトウエア、クラウド利用費、導入関連経費など
とされています。
例えば100万円のホームページを作成した場合、
そのうちの50万円が補助されるという訳です。
1/2とは言え上限が50万円なので、
150万円のITツールを導入しても
補助は50万円となります。
また下限もありますので、
最低30万円のIT導入をしなければなりません。
無料で使える「弥生のクラウド確定申告ソフト」

申請方法

IT導入支援事業者を通じて申請します。
IT導入支援事業者とは
https://www.it-hojo.jp/applicant/vendorlist.html
IT導入支援事業者は国から登録及び認定された業者です。「知り合いがホームページ作れるから、そこに頼みたい」といっても、支援事業者に認定されていないと依頼することは難しいと思います。
次回の三次公募は
2018年10月中旬頃にIT補助金の交付が決定される流れとなります。
ITツール導入やサービスの契約、納品、支払い等がを完了した後、
完了報告を行い、指定口座に入金され完了となります。

美容室オーナーに読んでほしい 最大50万円!中小・小規模事業者向けIT導入補助金のすすめ

注意事項

あくまで、交付が決定してからの
契約•導入の費用が対象となります。
交付が決まる前に導入したツールや、
作成したホームページは補助の対象外
となりますので、
交付決定を受けた後に補助事業を
開始する必要があります。

三次公募が決定

平成29年度補正(実質平成30年に実施)の
二次公募は交付申請の受付は終了していますが、
三次公募が決定していますので、
今年中にIT導入をしたいという事業所もまだ間に合います。
三次公募の交付申請受付開始日は、
正式な日程は発表されていませんが、
2018年8月下旬〜10月中旬とされています。

三次公募スケジュールが発表されました

※追記 H30(2018)年9月19日
交付申請期間:2018年9月12日(水)〜11月19日(月)
第一回締切:9月25日(火)
第二回締切:10月9日(火)
第三回締切:10月23日(火)
第四回締切:11月6日(火)
第五回締切:11月19日(月)
まだ、間に合います。
この機会に応募してみましょう。
詳しくはこちらのIT導入補助金ホームページをご参照ください。

美容室オーナーに読んでほしい 最大50万円!中小・小規模事業者向けIT導入補助金のすすめ

適切な顧客管理を行い、有効に活用

美容室の売上げを上げるには
適切な顧客管理を行い、
有効に活用していくことが大切です。

リピーターが多いこの業種。
顧客の髪質やお気に入りのヘアスタイルなどは
重要な顧客情報となり、
お客様の来店した際、又はその前後に
これらの情報が正確に把握できることは
満足度を高める要素となりす。

IT活用で効率アップ

従来はオーナーや美容師がそれぞれの
顧客の情報を記憶しておいたり
紙のカルテのメモなどを元に
対応していましたが

顧客一人に対する情報量がが増える中、
履歴や顧客の特徴や好みなどを
把握しておくことも欠かせません。
その管理を記憶やアナログだけで行う事は
非常に難しい状況になっています。

これらの状況に対応するためには
顧客管理データベースを導入し
一元的にその情報を管理することが効果的です。

忙しくて自分で確定申告する時間がない方はこちら

美容室オーナーに読んでほしい 最大50万円!中小・小規模事業者向けIT導入補助金のすすめ

ITを導入は多くの美容室にとって必須の課題

近年では非常に安いチェーン店が数多く出現しています。
その回転率や価格に対応するために
効果的な営業を行うことが求められています。

美容室では髪の長さの違いによって
価格設定が異なることも多いでしょう。
新人それぞれの価格を全て記憶することは
現実的に難しいと言わざるを得ません。
うろ覚えのまま会計をしてしまい、
料金を多くもらい過ぎたというミスは未然に防ぎたいものです。

そのためこれらの管理をしっかりと行うことができる
ITを導入する事は
多くの美容室にとって必須の課題とも言えます。

まとめ〜美容室オーナーに読んでほしい 最大50万円!中小・小規模事業者向けIT導入補助金のすすめ〜

この状況の中でITを導入することは
とても有益な業務改善となります。
美容室がこの制度を利用してITシステムを導入し
高い効果を得られるのは明らかです。

環境の変化に振り回される美容室の
IT導入資金を補助してくれるこの制度は
経営課題の効果的な改善が期待出来ます。
売り上げを増加させるためにも
積極的に利用したい制度です。

-美容室のお金の問題
-, , , ,

Copyright© 美容室経営が上手くいく書籍 , 2019 All Rights Reserved.