美容室を発展させる

独立して美容室を経営する!フランチャイズのメリット・デメリット

更新日:

いつかは自分の店を持ちたい、
そう考えている美容師の方は多く居ますが、
独立開業して美容サロンを個人経営するためには
様々なハードルを乗り越えなくてはなりません。

まず店舗のための土地を確保しなければなりませんし、
実際に開業した後にもビジネスとして
サロンを軌道に乗せなくてはならないでしょう。

独立して美容室を経営する!フランチャイズのメリット・デメリット

サロン経営にはビジネスのセンスも必要

美容師にはセンスや技術が求められるものですが、
サロン経営にはビジネスの知識等が必要となります。
個人経営の美容室は毎年多数開業されていますが、
その半数以上が一年以内に
閉業してしまっているといわれています。

美容師として様々な経験を積み上げ
技術を磨いている人であっても、
サロンの運営については素人であることが多い、
というのがその原因でしょう。

独立して美容室を経営する!フランチャイズのメリット・デメリット

フランチャイズで独立開業する選択も

個人経営の美容室が
5年後もお店を続けられている確率は、
3分の1以下だといわれています。

経営に関するノウハウには自信がないが
自分の美容室を開業したい、
そんな場合に適している選択肢の一つが、
フランチャイズです。

フランチャイズとは親となる
企業のグループに加盟し、
その企業の看板を掲げて
お店を運営する形式であり、

個人による開業を
サポートする仕組みとして
多くの人に利用されています。

フランチャイズで独立開業するメリット

ノウハウを一度に手に入れることができる

そのメリットは
親会社となる企業が持っている
ノウハウを一度に手に入れることができる、
という点にあるでしょう。

全くの個人がお店をスタートさせるという場合、
リスクや収支計画についても
手探りでの開業となってしまいますが、
フランチャイズであれば
様々な知識をあらかじめ備えた上で
お店を開くことができます。

ビジネスとして美容室を成功させるために
どんな努力が必要なのかという点を、
把握することができるのです。

フランチャイズなら費用をある程度抑制できる

また個人で開業をする場合、
初期費用が高額になってしまう傾向がありますが、
フランチャイズなら費用をある程度
おさえることができます。

さらにサロンの運営に必要な機材、
商材などを個人取引よりも
安く購入することができますので、
長い目で見ても経済的なメリットが
大きいといえるでしょう。

開業までをサポートしてもらえるだけでなく、
その後の運営についても
様々なアドバイスと
ノウハウを教えてもらうことができます。

まったくの個人でお店を運営していく場合、
何かしらのトラブルが発生すれば
全て自分自身のみで
対応をしなければなりません。

独立して美容室を経営する!フランチャイズのメリット・デメリット

美容室経営に必要なノウハウを得られる

個人事業主による情報交換の場などを
探すことはできますが、
ライバルともいえる相手から
丁寧なアドバイスを得ることは難しいといえるでしょう。

個人開業では
お店の立地からスタッフの採用と教育、
そして売上の管理方法まで自分だけで考え、
決定していかなくてはなりません。

その方面についてノウハウを
豊富に持っている経験者からのアドバイスを得る
機会もほとんどないといえるでしょう。

美容室の運営に関するすべての責任とリスクを、
経営者として一人で負い続けなくてはならないのです。

フランチャイズ形式であれば
関連するノウハウや技術を
簡単に手に入れることができますし、
リスクも低くおさえることができます。

初めて個人でサロンを開きたいと考えている人にとって、
メリットの大きい仕組みだといえるでしょう。

フランチャイズ出店費用、運営費はどれくらいかかる

フランチャイズ出店費用は会社によって様々です。
あくまで目安ですが、
あるカット専門店のホームページから得られる情報によると、
・保証金/60万円
・開設準備金/70万円
・ロイヤリティ/1店舗につき月額5万円
…とあります。
上記はあくまでフランチャイズ出店に係るコストです。
サロンを経営していくには
上記以外に貸し店舗の場合は賃料はもちろん、
広告費、水道光熱費、その他の雑費などがかかります。

また、パーマやカラーの材料を本部から購入するようになっていたり、
設備も本部からリース契約。
ロイヤリティも固定ではなく、売上の◯%とする会社もあります。

独立して美容室を経営する!フランチャイズのメリット・デメリット

・カット専門店・カラー専門店も視野に入れて考える

近年ではカット専門店、カラー専門店の
フランチャイズをよく見かけるようになりました。
地方の比較的小さな規模の
スーパーマーケットの一角などでも営業しています。

主なカット専門店フランチャイズ

カット専門店[Cut Factory]
http://www.jps-inc.co.jp/

カット専門店[Cut 1000]
http://www.so-con.com/franchise.html

カット専門店[サンキューカット]
https://www.3qcut.com/fc/

フランチャイズで独立開業するデメリット

様々なメリットがある
フランチャイズですが、
良い面だけでなくやはり
デメリットも存在しています。

親となる企業のサポートを受けて
開業をするのですから、
オリジナル性を前面に押し出したような
運営はできないのが一般的です。

またほとんどの場合、
本部に対して売上に応じたロイヤリティを
支払わなくてはなりません。

オリジナリティを出しにくいという
デメリット面もありますが、
同時に親会社のブランド力を
活用できるという利点もあります。

またロイヤリティについても、
集客支援サポートや初期費用の軽減
といった部分を考えると、
大きなデメリットではないかもしれません。

主な美容室フランチャイズ

[Ash]
http://fc-g.jfa-fc.or.jp/search/?cmd=index&scmd=chaindetail&chid=a081000000TQLK1

[11cut]
http://www.11cut.com/fcboshuu/

[SEASON HAIR]
http://hairsalon-season.com/html/fc_top.html

[STYLE DESIGNER (チョキペタ)]
https://www.styledesigner.net/

まとめ 独立して美容室を経営する!フランチャイズのメリット・デメリット

「簡単に出店できるから」「安く済むから」という安易な考えだけで
フランチャイズに加盟するのは危険です。
フランチャイズ同士の比較、
フランチャイズの場合と、個人で出店した場合、
どちらもメリット・デメリットあります。
自分にとって大切なものは何かを頭におき、
比較検討を十分にして、
独立開業を考えましょう。

-美容室を発展させる
-, , , ,

Copyright© 美容室経営が上手くいく書籍 , 2019 All Rights Reserved.