美容室のお金の問題

美容室オーナー手元にお金が残る賢い節税術とは?経営者必見!

更新日:

美容室を長く経営することにおいて
どのようにして利益を出すかということは切っても切れない課題です。
しかし現実は経営計画通りに上手くいくことのほうが
少ないと感じておられる方も多いと思います。
売上が思うように伸びず、スタッフに支払う給料の工面に苦労したり、
生活が厳しいということも起こりえます。
そのときにどうするべきかというと、
売上を上げるというのが一番良い方法ですが、
突然お客様が来るようにするのは難しい話です。
ですから、すぐにでも始めることが出来ることというと節税です。

美容室オーナー手元にお金が残る賢い節税術とは?経営者必見!

節税しながら蓄える小規模企業共済

節税しつつ将来に備えることで出来る方法があります。
小規模企業共済は個人事業主や小さい会社の経営者が
廃業・退職したときに備えて積み立てる共済制度です。
少しずつ積み立てていけば、掛金が全額控除されますし、
将来的に店を畳むというときには
掛けてきて金額に応じて退職金をもらうことが出来ます。

経営が苦しい状態であれば、
将来に対する不安というのは人一倍感じていることでしょう。
だからこそ、この制度を利用する価値があるのです。
備えをしつつ節税ができれば万が一のことが起きても安心です。

•個人型確定拠出年金(iDeCo)

少し余裕がある場合は
月5,000円〜月68,000円の範囲内で、
1,000円単位で自由に設定できる「個人型確定拠出年金(iDeCo)」の運用も良いでしょう。
掛金が全額控除されるので、節税にはもってこいです。
ただし60歳まで掛金を引き出せないので、注意が必要です。
またあくまで投資ですので、元本割れするリスクもあることも覚えておきましょう。

つみたてNISA(2018年から開始)

2018年からは「つみたてNISA」も開始されました。
上記の二つに比べると所得控除の適用が無いので節税効果はそこまで高くはありませんが、
投資によって得られた売却益や分配金の運用益が非課税になるのがつみたてNISAです。
年間投資上限額は40万円と大きくはありませんが、
20年間の非課税で投資できる期間が設けられています。
またiDeCoは60歳まで掛金を引き出せないのに対し、
つみたてNISAはいつでも引き出せるのもメリットです。
こちらも投資にはなりますが、投資対象となる金融商品は
金融庁が厳選した投資信託・ETFのみ投資対象となっています。
もちろん利益が保証されているわけではありませんが、
心理的にも安心感ああります。
投資初心者向けと言えるでしょう。

美容室オーナー手元にお金が残る賢い節税術とは?経営者必見!

細かいところに目を向けた節税術

節税はいかに支払うお金を経費にして、
課税される金額を減らすかということが重要になってきます。
では美容室における出費とはどのようなものがあるのかというと、
従業員に支払う給料や備品、家賃、光熱費などです。
しかし、目につくものは大抵のものは既に
経費として計上しているはずです。
ですが見落としがちなところとして
自宅の家賃や光熱費などがあります。

自宅を事務所として使っているのであれば出費は経費

普通であればお店は仕事のための場所で、
自宅はプライベートであると区別するでしょう。
しかし経営者であれば話は別です。
お金の管理やこれからの経営について、
従業員の前ではできないからと家に持ち込んだとき、
それは仕事をしているのと同じです。
実質的に自宅を事務所として使っているのであれば、
そこで発生する出費は経費にする事ができるというものです。

美容室オーナー手元にお金が残る賢い節税術とは?経営者必見!

個人使用との按分は必要

もちろん、自宅の家賃をすべて経費にするなどというのは甘い考えです。
節税ができるのは、自宅で仕事をしている時間の分だけです。
例えば店から帰ってから1時間だけ自宅で仕事をしているというときには、
1日24時間のうち1時間ということで、
単純に考えれば家賃や光熱費の24分の1というのが
経費として計上できる比率になります。
これを按分といいます。
もしも、この経費の割合を増やしたいのであれば、
仕事をしている時間を増やせばよいのです。

税務署に経費として計上するときには、
その仕事をした時間を正しく認めて貰う必要があります。
それを客観的に証明するためには、パソコンのログイン時間、
ログアウト時間などを記録してみたり、
メモをしておいたりすることでその根拠とする事ができます。

美容室オーナー手元にお金が残る賢い節税術とは?経営者必見!

事業にも車を使っているなら

仕事に使用している割合に応じて、
自動車の減価償却費、ガソリン代、修理費、保険料高速代、車検代なども
経費として計上することができます。

・事業のために講読したものならOK
新聞や、書籍、雑誌、資料なども経費として認められます。

・ユニフォームなら経費にできる
他には着ているものも経費に出来る可能性があります。
美容室ではユニフォームではなく私服を着るということが多いですが、
その服は基本的に経費として認められません。
というのはプライベートで着る事ができるものなので、
境目がわかりくにいのです。
明確に仕事とプライベートで使う割合を出すことができれば、
一部は経費にすることもできます。
とはいえ、よほど確かな根拠を出さなければならず、
それでも税務署が認めてくれるとは限りません。
徒労に終わるかもしれない事を考えると、あまりメリットはありません。

でも仕事に使うように指定した制服や靴などであれば、
客観的に仕事に使うものということがわかりますから、
それは立派な経費ですから計上することが可能になります。
美容室ですから、そこで働く人は魅力的でなければ、
お客さんは来てくれません。
ですから普通に着る洋服とかわらないオシャレなデザインにしても説明できます。

美容室オーナー手元にお金が残る賢い節税術とは?経営者必見!

美容室オーナー手元にお金が残る賢い節税術まとめ

まずは、やっていなければ小規模企業共済、個人型確定拠出年金(iDeCo)がおすすめです。何と言っても掛金が全額控除されるのが魅力です。そのうえで、余裕があればつみたてNISA。あとは細かいところに目を向けた節税術を試してみてください。

-美容室のお金の問題
-, , ,

Copyright© 美容室経営が上手くいく書籍 , 2019 All Rights Reserved.