美容室のお客様を増やす

美容室からのメルマガ、来店促進の効果はある?ない?

更新日:

日本には美容室の数がとても多く、
都心や地方都市では同業のサロンが
狭いエリアに何軒も建ち並んでいるところがあります。

ただ漫然とお客様が来るのを
待ち続けているような消極的なお店は、
他のお店との競争で後塵を拝して
経営が難しくなってしまう例も少なくありません。

美容室のプロモーションツールとして定着した「メルマガ」
果たしてどの程度効果があるのでしょうか?
手間ひま掛けてやっただけのせいかは上がるのでしょうか?

美容室からのメルマガ、来店促進の効果はある?ない?

狭いエリアに何軒も建ち並ぶ美容室

例えば新しく開店したような美容室や回転して2〜3年のヘアーサロンでは、
自分たちのお店の存在を多くの人に
まず知ってもらう必要があります。

新規客を集客からリピートのために

そのために昔から行われているように
チラシを配布したり、
フリーペーパーに広告を出して新規客を集客しなければなりません。

そして近年のインターネットの普及に伴って、
お店の宣伝のためにネット広告を利用する
ことも当たり前になってきています。

さらに美容室の経営を長く続けていくためには、
一度来店してくれたお客様が
またそのお店を訪れようと思ってくれるように
工夫することも大変重要になってきます。

メルマガは本当に来店促進の効果があるの?

そのためのやり方として、
近年ではメルマガの配信を行うお店が多くなっているのですが、
メルマガは本当に来店促進の効果があるのでしょうか?

その疑問への答えとしては、
やり方によって効果に差は出ることは考えられますが、
やっておいて損はないとは言えるでしょう。

お店の存在を思い出してもらう

その理由としてまず挙げられるのは、
自分のお店の存在を思い出してもらうための
良いきっかけになるからです。

例え新しいお店があることに気付いて
物珍しさを感じて、
新たに来店してくれたお客様が大勢いたとしても、
リピーターのお客様が少なければ
お店が立ち行かなくなってしまう恐れがあります。

お礼のメールで好印象を残す

そこで、一度来店されてメール登録をしてくれた
お客様に対して、
後にお礼のメールを送るようにすれば、
お店に対する印象を良くしたり、
お店の存在を思い出してもらえたりするために役立ちます。

多くのお客様に新しい情報を知ってもらう

メルマガは、通常は同じ内容のものを
登録してくれたお客様たちに一斉に送るので、
料金の割引キャンペーンなどの新しい情報を、
多くのお客様に知ってもらうために役に立ちます。

しかもチラシを印刷して配るよりも
少ない費用でできるので、
何か伝えたいことがある度に送ることも容易です。

希少性の原理を生かせる

さらに、割引クーポンなどをメルマガに
掲載する際に「先着○名様」や「○○日まで」の様に限定を付けてておくと、
希少性の原理が働いて「せっかくだから利用しよう」とそれを切っ掛けに来店してくれる
お客様の数を増やすことができます。

プロならではのアドバイスで信頼を得る

例えば流行のヘアスタイルについてや
ヘアケアのやり方についてなど、
美容室ならではの情報を掲載することによって、
このお店は髪の毛に関するプロフェッショナルとしての
知識や技術があるようだから、
自分の大事な髪の毛を任せても安心できる。
といったような信頼を持ってもらえます。

スタッフのプライベートな事も

それとは違って、
スタッフの紹介や日常の出来事のような、
髪の毛とは直接関係がないような話題を掲載することによって
直接お客様を呼び込むだけではなく、
お店に対する信頼感や親近感、
関心を抱いてもらうためにも役立ちます。

【美容室からのメルマガ、来店促進の効果はある?ない?】まとめ

「自分はメルマガを講読していてもあまり読まないから無駄」という人もいますが、一度講読したメルマガは解約するのも億劫になるものです。
送るたびにサロンの名前を見てもらえるだけでも、宣伝効果はあると思いませんか?
いずれにしろ美容室側から伝えたいことを100%伝え切るのは無理です。
それならば、何もアプローチせず忘れられてしまうよりは、
せめてサロンの名前だけでも、メールのタイトルだけでも見て思い出してもらうというのはお客様の行動を促しやすくなると考えられます。
メルマガには色々な使い方があって、いくつもの方向性から来店促進の効果が期待できるものです。
しかしその効果をきっちりともたらすためには、継続して送り続けることが肝心となります。
また内容があまりにつまらなかったり、関心が持てないようでは開封すらされなかったり、
受信拒否されたりする恐れがあるので、お客様に関心を持ってもらえるように内容を工夫することも肝心です。

-美容室のお客様を増やす
-, , ,

Copyright© 美容室経営が上手くいく書籍 , 2019 All Rights Reserved.