美容室のお客様を増やす

料金が分かりにくいと言われてしまう美容室はここに注意!

更新日:

料金が分かりにくいと言われる美容室の場合、
メニューの内容に問題があると考えられます。
そこで大切なのが、
内容をシンプルにすること、
名称を分かりやすくすること、
合計金額を出しやすくすることです。

料金が分かりにくいと言われてしまう美容室はここに注意!

お客様に「料金が分かりにくい」と言われる3つの原因

まずはメニュー数が多い場合

あまりにも選ぶものが多いと、
どれを選ぶべきか迷います。

次にメニューが複雑な場合

現在美容室では様々なサービスを提供しています。
カラーリングやパーマの方法も多様化しており、
様々な名称がつけられています。

ある程度専門的な知識がある方なら、
名称から方法を推測することができます。
けれども専門的な知識がない方の場合、
聞きなれない言葉が並んでいると、
どんなサービスを受けられるのか見当もつきません。
店舗独自の名称を使っている場合も同様です。

そしてもう一つが

合計金額がいくらになるか分からない場合。
例えばカラーリングとカットの料金が別々に提示されていた場合、
同時に行った場合にはいくらになるのか計算しづらいことがあります。

料金が分かりにくいと言われてしまう美容室はここに注意!

提供するサービスが細分化し過ぎている

まずはじめに注意するのが、
提供するサービスの数です。
美容室で提供できるサービスは多様化しています。
けれどもむやみにサービスの名称を増やしてしまうと、
逆に何を選んだら良いのか分からなくなります。

例えばレストランの場合も、
あまりにも多すぎると
何を選んだらいいのか迷ってしまいます。
またあまりにも数が多いと、
本来店員が勧めたいサービスが
埋もれてしまうこともあります。
そこで分かりやすくするために、
メニューの数はある程度絞るようにしましょう。

プロならではのアドバイスを

また、お客様に対して
スタッフがサービスを勧められる体制を
作ることも大切です。
お客様の髪質・求めるニーズによって、
提供すべきサービス内容は変わります。
スタッフがお客様と相談したうえで、
髪質・ニーズにあったサービスを勧めていく。
そうすることでお客様に合わせてメニュー数が絞られ、
本当にお客様にあったサービスを提供することができます。
さらに一度おすすめが分かれば
お客様も選びやすくなり、
絞り込みにつながります。

サービス(メニュー)の名称を分かりやすく

次に注意したいのがサービスの名称です。
例えばただ「カラーリング」と言われれば、
髪の毛を染めることができるとイメージがつきます。
一方「リメイクメンテナンスカラー」等と言われると、
なんとなく髪を染める行為ということは分かりますが、
一般の人だと何が他のカラーリングと違うのか
イメージがつきにくいです。
さらに同じカラーリングでもいくつか種類がある場合、
名称が分かりにくいと
どれを選んだらいいのか迷ってしまいます。

イメージしやすい名称にする

そこで大切なのが、
イメージしやすい名称にすることです。
お客様の視点から見て、
サービスの内容を分かりやすくしていきます。

シンプルに簡単な言葉で内容を表現する

例えば「カラーリング」と入っていれば、
とりあえず髪の毛を染めるサービスなんだな、
とイメージすることができます。
けれどもあまり長い名称にしてしまったり、
複雑な名称になってしまうと
途端にイメージがつきにくくなってしまいます。
店舗独自の名称や分かりにくい名称はできるだけ使わず、
シンプルに簡単な言葉でサービスやメニューの
内容を表現することが重要です。

メニューの合計金額を計算しやすくする

そして料金が分かりにくい
と言われてしまう美容室こそ注意したいのが、
メニューの合計金額を計算しやすくすることです。

例えばカットとカラーリングの合計で
いくらになるのか計算しにくいと、
費用の検討がつきにくくなってしまいます。

分かりやすいように工夫する

そこでできるだけ、
支払合計金額が分かりやすいように工夫することが重要です。
本来パーマに含まれるカットも別にしたり、
本来カラーに含まれるシャンプーも切り離すなど、
完全に単品制にして料金を表示します。
「これをやる場合はこれも必須です」という説明は必要ですが、
料金はかなり明確になります。

表示の仕方にも工夫を

税抜きで表示されていると、
消費税を入れた時に合計金額が変わってしまいます。
税込み表示にすれば、
簡単に支払合計金額がわかります。

また料金や時間の上限を設定して、
この範囲なら何でもやります。
というのはどうでしょう?
お客様は支払合計金額の検討がつきやすくなりますし、
サロンにとっても他の美容室との差別化もしやすくなります。

【料金が分かりにくいと言われてしまう美容室はここに注意!】まとめ

料金については予め「シャンプー+カット+カラー+トリートメント+スタイリング」や
「シャンプー+カット+ヘッドスパ+スタイリング」など
全部コミコミのコースメニューを作っておくと
料金も内容も分かりやすくなります。
また、多くの美容室では長さ別の料金を採用していますが、
それが分かりにくさや下手をするとトラブルの元にもなります。
思い切って長さ別の料金を撤廃してお客様からも称賛を浴び、
売上げも上がっている美容室もあります。
この際検討してみてはいかがでしょう。

-美容室のお客様を増やす
-, , ,

Copyright© 美容室経営が上手くいく書籍 , 2019 All Rights Reserved.